XD&Prott

今ほとんどの案件で基本はXDでワイヤー作成、ProttにUPして確認、修正のやり取りをしています。
制作サイドの方は知っていると思いますが、XDはAdobeのUI/UXデザインツール、Prottはプロトタイピングツールです。
ProttはXDで作成した画像を組み合わせ、ポップアップや追従のバーなども紙芝居的に表現できるので、プロトタイプとしてクライアントにも完成形をイメージしてもらいやすい。またコメント機能を使って修正のやり取りができるのも非常に便利です。
ただワイヤーとして細かい仕様を書き込んで使うには、静的なページぐらいであれば良いものの、動的なサイトになると不便なので、結局XDで書きだしたものをエクセルに貼り付けて書き込んだりしています。
そのあたりPrott以外のツールだとどうなんだろう、ということで気になっているのがinVisionというツール。
コメント機能がより優れていそうなのと、有償サービスの価格もProttに比べてリーズナブルなので良さそうです。
いずれにしろクオリティの向上、および効率化に向けて柔軟にツールを乗り換えを検討していきたいと思います。