重視される店舗チャネル

野村総合研究所が実施した「生活者1万人アンケート調査」の結果が先日発表されました。
http://www.nri.co.jp/news/2012/121119.html

その中で特に興味深かったのが、若年層で店頭・店員からの情報を重視する傾向が強まっているという事実です。
インターネットからの情報が氾濫する中で、直接自分の目で商品を確認したい、店員から直接話を聞きたいと思うニーズが高まっているそうです。
最近、スマートフォンを活用して店舗にお客を呼び込みたいというお問い合わせを数多く頂いておりますので、非常に興味深いデータです。

一方で、店舗で実物を確認してインターネットで商品を購入するユーザーが増えていると聞きます。
店舗に呼び込む方法を考えるのとともに、来店したお客をどのように購買に誘導するかも考えていく必要があります。