既存サービスのスマートフォン(or iPad)対応

既にPCや携帯で展開しているサービスをスマートフォンやiPadに対応させたいと考えるとき、アプリにすべきかそれともサイト(WEB)にしたほうが良いのかということを悩まれると思いますが、大きく分けると以下のような選択肢が考えられます。

1.サイトとアプリの両方
2.アプリ
3.サイト
4.変換ツール利用し、既存の携帯サイトのデザインをスマートフォン向けに最適化。

それぞれをもう少し細かく分けると以下のようになります。

1.サイトとアプリの両方
-サイトを機能限定版でつくり、アプリを機能フル版でつくる。
例)ぐるなび、Hot Pepper、HOME’S、Goo-net※

-サイトとアプリの役割、機能を変えたものをつくる。
例)BEAMS、Amazon

-主要部分のみアプリで、他はブラウザを立ち上げてサイトへとばす。
例)楽天トラベル※

2.アプリ
-PCや携帯サイトと機能同等レベル

-PCや携帯サイトの機能を絞ったもの
例)食べログ※

-別の役割を持たせる

-主要部分のみアプリで、他はブラウザを立ち上げてPCサイトや携帯サイトへとばす。
例)じゃらん(予約はPCサイト)※

3.サイト

-PCや携帯サイトと機能同等レベル
例)ちびギャザ※

-PCや携帯サイトの機能を絞ったもの
例)三井のリハウス※

-別の役割を持たせる

-TOPページ、もしくはTOPページと主要ページのみスマートフォン対応
で他はPCサイトや携帯サイトへとばす。
例)楽天、三井住友銀行※

4.変換ツール利用し、既存の携帯サイトのデザインをスマートフォン向けに最適化。

-TOPページのみスマートフォン向けのデザインに対応。

-二階層目以降も対応。

※iPhoneでしか確認しておりません。2010年7月29日時点

その他にもいろいろとやり方は考えられると思います。
いずれにしろメリットデメリットを考慮のうえ、どのやり方が最適化を考える必要があります。ちなみに弊社はどのパターンでもご要望にあわせ対応可能ですし、またどのパターンが最適かご提案させて頂きます。是具ご相談ください!