感謝

忙しさを言い訳にに全く更新していなかったブログ。やはり続けないと駄目だなと思い、
今回から社長ブログと題し、直接弊社の業務内容とは関係のないプライベートなことでも、
取りあえず週2回(毎日と言いたいところですが、自信がない。。)は最低でも
書いていきたいと思います。

さて、いきなり仕事とは関係ないことですが、
先日高校時代からお世話になっていた大学の教授が退職することになり、
OBなどが集まる会の案内がきていたのですが仕事で行けず、
同じく行けなかった友人と二人で何かお祝いを買って送ろうということにしました。

そこで送ったのがこちら。

 

沖縄のヤチムンで、結構大きめのお皿です。
熨斗には『感謝』という文字をそえて。

そしたら先生から『感謝』という文字に涙が出たとの手紙を頂いてこちらも涙が出るほど
嬉しかった。あまりそういうことを言わない先生なので。

友人のほうは赤坂Blitzを埋めるほど活躍しているアーチストで高校の時から優秀だったのですが、僕のほうはまったくの駄目生徒だったし、礼儀も知らない人間だったので、立派になったもんだと思ってくれたのでしょう。

ただ実はこの『感謝』とういう言葉、僕がよく行く鎌倉のもやい工芸というお店で購入する際、僕は『退職祝い』と書いて下さいと頼んだのですが、店主の久野さんが『感謝』のほうがいいのではというアドバイスをもらい、じゃぁそうしてくださいということで書いてもらったのもので、僕が考えたものではなかったのですが。。

おかげ様で先生も喜んでくれて何よりですが、たった二文字の言葉が涙を誘ったことで、
あらためて言葉って大事だなと、何も考えずに『退職祝い』としようとしたことを反省したのでした。

Tagged on: