引き算のデザイン

これからはじまるリニューアル案件。「引き算のデザイン」という言葉が思い浮かびます。
あたりまえのことかもしれませんが、簡単なことではないので毎度考えます。

以下の記事には最後、結局ちょっとした勇気、とありますが、これも馬鹿にできるものではないと思います。
なぜデザインにおける「引き算」は難しいのか?

一つ一つ本当に必要なのか、他と異なるデザインパーツである必要があるのかなど、確認しながら進める必要があると思っています。