吉祥寺・MARKUS(マルクス)

今日はお隣のMARKUS(マルクス)さんをご紹介。

お隣というより、弊社の事務所はこのマルクスさんの真裏です。

武蔵野カントリーハイツという建物で、マルクスさんが112号室でカチップは113号室。

オープンで入りやすいお店ですし、
店長の久保田さんとは何かと話が合うこともあり、
私、特に最近、鬱陶しいほどにお邪魔させてもらっています。

今回はお願いして店内の写真を撮らせてもらいました。

IMG_1464

IMG_1475

沖縄の作家さんの器。どれも藍と白の二色のシンプル器で、その色合いが模様が綺麗です。

IMG_1493

こちらも作家物のカップですが、白、紺、緑、それぞれ深みのある色で綺麗。

IMG_1502

和柄の傘。派手に見えるかもしれませんが、トーンが落ち着いていて綺麗。
大人の女性にもあうでしょうが、20代の女の子が持ってても可愛いかも。

IMG_1519

こちらが、店長の久保田さん。
はじめて会った時にはちょっとこわもてな感じを受けたのですが(すいません、、)、
話すととても気さくな方です。

以前の会社で吉祥寺で働いていたこともあり、いつか自分でお店をやる時には
吉祥寺、と決めていたそうです。

インテリアショップの店長、バイヤーを経て、2013年の5月にお店をオープン。

マルクスさんは、「毎日の生活がちょっとだけ豊かになる。」をコンセプトに、
器やカトラリー、籠、ほうきといった物から、お茶や蜂蜜などの食品まで、様々なモノを
扱っています。

それらは全て日本で作られているものです。

その多くは手仕事によるものですが、工業製品もあります。

手仕事でも工業製品でも、そこに産地、素材、作り手といった、
ものが生まれた背景、ストーリーが見えるものを厳選して置いています。

シンプルかつ機能的で美しいモノに出会うことができます。

吉祥寺にいらした時には是非お立ち寄りください。

MARKUS|マルクス
http://marku-s.net/

Tagged on: ,