スマートメディア

SmartMedia

マガジンラックでも紹介しているクールシニアマガジン
というウェブマガジンがあります。

「BE-PAL」「DIME」「サライ」の元編集長、中村滋氏のウェブマガジンですが、
写真はその中村氏が書いたスマートメディアという本です。

クールシニアマガジンで紹介されていたので読んでみました。

発行は2010年の末で、メディアを語る本としては情報が古く、
価値が無くなってしまっているのか、Amazonでは1円で売っていたりします。

しかし今でも読んでみる価値は十分にあります。

サブタイトルは「新聞・テレビ・雑誌の次のかたちを考える」ですが、
個人的には次のかたちを考えることよりも、人気雑誌の編集長の語るメディアの変遷、世の中の動き、これが非常に参考になりました。

メディアのことを考えていれば誰でも少しは頭にあることも、
より明快に、具体的に書かれています。

元wired.jp編集長のクリス・アンダーソンが、ロングテール、フリー、メイカーズといった世の中の動きを象徴する本を書いていますが、雑誌を作っている方というのはやはり世の中の動きを誰よりも深く観察しているのではと思いますし、雑誌の売れ行きなどからも肌でそれを感じている。テレビのようなマスメディアよりも雑誌はより世の中を細かく切り取り、専門的に追っています。そういった雑誌を作る人が世の中をどうみているのだろうということを知りたかった。
話しがとびますが、紙の雑誌よりもっと小さなところで世の中を見ているのがウェブマガジンではなかろうか?だから面白そう、というのもマガジンラックを作ってみたことの一つです。

スマートメディア、僕のように新しいサービスをやりたいな、と思っている人は一度読んでみても良いのでは。

クールシニアマガジン
http://www.webmaga.info/?p=1303