ウェブアクセシビリティ 2

前回のブログにも書きましたが、先週ウェブアクセシビリティのセミナーに出席しました。
帰り際、同じセミナーに出席をしていた全盲の方が駅まで肩を貸せる人を探していたので一緒に帰ったのですが、一つ疑問に思っていたことを質問をしました。
「例えばグローバルナビゲーションが横に、ローカルナビゲーションが縦に並ぶサイトはよくありますが、そうした作りだと分かりづらくないでしょうか?」
口から出た瞬間にしまったと思ったのですが、この質問自体何も考えていない質問です。愚かな質問、と言っても過言ではありません。
その方がまるでグローバルナビゲーションとローカルナビゲーションというのがあり、その形のパターンまでを知っているかのような質問だからです。
セミナーで講師の大学教授の方が「メンタルモデル」という言葉を使ってましたが、まるで同じ「メンタルモデル」が構築されていることを前提とした質問です。
(「メンタルモデル」はユーザビリティを考えるものとしては重要な概念なので、また別の機会で触れたいと思います。)
そんな質問にもその方は丁寧に回答をしてくれました。
「あぁ、グローバルナビゲーションやローカルナビゲーションというのがあるんですよね。それは聞いたことがあるし、何となくは分かります。でも僕達はhtmlに書かれているソースを使っているので見た目で縦に並んでたり横に並んでいるとかは関係ないのです。」
この会話で私は思い込みは捨てなければ、と気づかされました。